すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

IAEAは福島原発事故の責任をとれ!!

福島第一原発事故から、後もう少しで2年が経過しようとしています。未だに平常値より桁違いに高い放射線量に満たされた福島では、子どもたちの甲状腺異常などさまざまな健康被害が多数報告されています。
しかし、国や福島県など行政機関は、健康被害を過小評価し、被害と原発事故との因果関係を否定してきました。その尖兵となってきたのが、福島医科大副学長で福島県健康リスク管理アドバイザーである山下俊一長崎大学教授らの御用学者です。原発事故と健康被害との関係を否定するのは、こうした学者ばかりではありません。国際原子力機関=IAEAは、文字通り国際的なフィールドで放射能が人体や環境に与える影響を極端に過小評価して、積極的に原発推進を行っています。
ご承知のように、核不拡散条約=NPTは、核兵器や核再処理などを5つの核兵器国に限定独占させる一方、原発を「平和利用」として普及促進を図ることを趣旨とした多国間条約です。NPTの実行機関として、締約国の保証措置や原発推進の施策を実施しているのがIAEAです。天野之弥事務局長が率いるこのIAEAが福島に本格的に乗り込んできました。福島で、除染・放射性廃棄物の管理・放射線モニタリングなど行い、医療分野で福島医科大との協力態勢を確立するとしています。過去にも、原発事故の被害隠しを行った犯罪歴のあるIAEAを福島に入れると、それでなくても福島の人々の健康被害がないがしろにされている状況が更に悪化します。
IAEAは、チェルノブイリ原発事故の被災地域の健康調査を行い、事故から5年目の91年にその結果を発表しました。しかし、案の定IAEAは現状を完全無視した結果報告を公表しました。「放射線被曝に直接原因があるとみられる健康障害はなかった」「がんや遺伝的影響の自然発生率が将来上昇するとは考えにくい」「食品の規制は不必要に行われた。移住よりも食品基準の緩和を優先して検討すべきである」などと公表しています。健康被害はないし、食べ物についても心配し過ぎだと言っています。
この調査を行った諮問委員会の委員長は、重松逸三という日本人学者で放射線影響研究所(放影研)3代理事長です。これとは別に、日本財団が巨額の財政支援し、彼をリーダーとした5年間に及ぶチェルノブイリ調査も行われています。この時に、共に調査に加わったのが、弟子である長瀧重信4代放影研理事長であり、彼らの弟子である山下俊一長崎大学教授です。
重松3代放影研理事長は、国立公衆衛生院疫学部長を務め、水俣病・イタイイタイ病・原爆の「黒い雨」影響調査などで疫学調査の責任者でした。そして、一貫して政府や企業の利益を代弁した決定を下しています。被害者の訴えが認められたケースは一例もなく、チェルノブイリの被害調査も実施される前から答えが出ていたことになります。後年、チェルノブイリ原発事故と小児甲状腺がんとの因果関係が証明され、IAEAと放影研のチェルノブイリで行った調査報告は否定されます。放影研とIAEAの犯罪性が暴露されましたが、責任は重大です。
放影研はその前身が原爆傷害調査委員会=ABCCで、米国原子力委員会が財政負担をして米国科学アカデミーが管轄した機関です。表向き学術機関を装いながら、実際は米軍の原爆研究の一環として運営されていたことは、多くの方がご存知だと思います。ABCCや放影研については、明らかにすべきことは他にも多くありますが、ここではこれ以上触れません。
放影研4代理事長であった長瀧長崎大学名誉教授は、2011年の首相官邸HPで以下のように発表しています。「チェルノブイリでは、24万人の被曝線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。」既に科学的否定されたデータを堂々と主張し、福島でも健康に問題はないとする姿勢を未だに崩していません。学者としてはもとより、人として断じて許すことはできません。
ABCCや放影研は原爆被害者を治療することは一切なく、モルモットのように研究材料として扱いました。こうした姿勢は、IAEAにも共通しています。IAEA憲章第2条では、「この機関は全世界における平和と健康と繁栄に対する原子力の貢献を促進し、増大させるように努力しなければならない」となっています。IAEAは、あくまで原子力の推進機関であって、放射能の健康被害から守ってくれるわけではありません。それどころか、被害を不当に過小評価し、正当な治療の機会を奪ってきた事実は犯罪そのものです。福島の人々が早期に避難できず、今も放射能の脅威に脅かされているのは、日本政府だけでなく、原発を国際的にオーソライズしているIAEAにも責任があります。IAEAに福島原発事故の責任を取らせなければなりません。
IAEAは責任を取れ!! IAEAを福島に入れる な!!
3月3日11時からテルサ前でNazen山陰の街宣を行います。14時からは「さよなら島根原発」集会が、くにびきメッセ国際会議場で行われます。
島根原発3号機訴訟の原告とサポーターを募集しています。以下のホームページをご覧下さい。
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/3goro
Nazen 山陰 福間
pax.fkm@olive.plala.or.jp
[PR]
by nazensanin | 2013-02-28 21:19

3・11福島行動に結集しようpart2!!

後2週間少々経過すると、新たな3月11日を迎えます。「3・11反原発福島行動'13」については、このブログで集会への参加を既に呼びかけましたが、この集会の位置づけや意義などを再度訴えたいと思います。
政府は福島第一原発について、「放射能の封じ込めや廃炉に向けた作業が順調に行われている」などとしていますが、廃炉作業どころか放射能の封じ込めなどほど遠いと言える現状です。福島県はもとより、茨城県や千葉県そして東京にも、空間線量が高い所は数多く点在しています。
福島県では、医療機関のレントゲンやCTスキャンがある「放射線管理区域」よりもはるかに高い放射線にさらされている地域が少なくありません。放射線管理区域への立ち入りは、18才以上の有資格者にしか法律上認められていません。立ち入りを認められている資格を持つ医療関係者であっても、年間被曝線量などが厳しく制限されています。
つまり、高い放射線量にさらされている福島県民、とりわけ子どもたちは法律を無視した超法規的措置を受けています。「笑っていれば放射能被害は受けない」などと御用学者山下俊一は言っていますが、残念ながら甲状腺に異常が診られる子どもたちの存在が公表されています。福島市も線量が高く、3・11集会への子どもたちと妊婦さんの参加は自粛するようにと集会実行委員会は呼びかけています。
さらに、福島第一原発4号機などの使用済み核燃料プールには、多量の核燃料が手付かずのままあります。4号機の核燃料プールが崩壊の危機に瀕している状況は、今も全く変わってはいません。余震などで万一核燃料プールが破壊されれば、東日本に人が生活できる所はなくなります。そうした際どい危機のふちに福島の人たちは置かれています。
このような厳しい過酷な状況の中にあっても、たゆまぬ福島の人たちには生活があります。2年前の東日本大震災と福島第一原発事故からの復興は、たとえそれが長期間必要とする壮大な事業であっても、必ず成し遂げなければなりません。政府や県当局の怠慢で復興が遅々として進まない現状は、腹立たしいばかりです。そして福島の復興は、福島第一・第二原発の稼働停止と廃炉をしてこそできることです。自然・人命・地域社会・家族・産業などあらゆるものを根こそぎ破壊し尽くす原発と共存しての復興などあり得ません。復興と原発稼働停止を切り離すことはできません。
そして、福島原発事故の被害が広範囲に及んでいる現状が物語るように、福島の原発を停止させても、宮城県の女川原発や茨城県の東海第二原発で事故があれば、福島が再度被害を被ることになります。福島の復興に欠かせない福島の原発稼働停止と廃炉は、福島のためだけではなく、より広範な意義があります。すなわち、福島だけでなく全国にある原発や核施設の運転停止が保証されて初めて全国の安全が確保され、真の意味で福島の復興が成し遂げられることになります。
福島の復興を期して福島の原発廃炉を誓い合う日は、3月11日でなければなりません。福島が甘受させられている痛みや沸騰する怒りは、2011年3月11日に起源があります。ですから、3月11日が今年は皆が集まりにくい月曜日だからという理由で、3月10日や3月17日の日曜日に設定しても意味はありません。福島から原発を無くして、また全国から原発を無くすことを誓い合う日は、福島の怒りの原点である3月11日でなければなりません。「復興」だけをテーマにした福島県などが行う集会に対して、真の復興は原発を無くさなければあり得ないことを訴えるためにも、3月11日に行う意味は大いにあります。
8月6日はヒロシマ、8月9日はナガサキで反戦・反核・反原発を誓う日です。侵略の歴史を脇において慰霊をメインテーマにした慰霊式典に対峙するための日です。3月11日こそ福島の原発・政府・東電に対する怒りに寄り添い、反原発を誓い合う日です。3月11日13時30分から、福島県教育会館大ホールで集会が行われ、その後デモ行進を行います。
Nazen山陰は、3月3日の11時から12時まで反原発の街宣宣伝を行います。松江駅横にある松江テルサ前で行いますので、気軽に参加して下さい。14時からは、「さよなら島根原発ネットワーク」主催の集会が行われます。くにびきメッセ国際会議場で長谷川健一さん(福島県飯舘村の酪農家)が講演します。終了後市内をパレードします。是非とも多数の参加をお願いします。 島根原発3号機訴訟の原告とサポーターを募集しています。以下のホームページから必要書類をダウンロードできます。3号機訴訟を是非とも成功させましょう。募集をお待ちしています。
3号機訴訟の会ホームページ:http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/3goro/

Nazen山陰 福間
pax.fkm@olive.plala.or.jp
[PR]
by nazensanin | 2013-02-21 21:10

「3・3さよなら島根原発」集会に結集しよう!!

e0249557_2183363.jpg

e0249557_2183360.jpg

3月3日にくにびきメッセで行われる集会参加の訴えをする前に、2月11日に「Nazenヒロシマ結成1周年集会」に参加しましたので、集会の模様を報告します。
結成1周年を迎えたNazenヒロシマの集会は、広島市の平和資料館会議室で多数の市民が参加して行われました。今回の集会のメインは「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表である佐藤幸子さんの講演です。
ご承知の方も多いと思いますが、佐藤さんは福島の子どもたちを放射能被害から守るために、食べ物・内部被曝・保養(一時的に福島を離れて生活すること)などの問題に対処している団体が集まるネットワークの代表です。佐藤さんは反原発運動全般に関わり、全国で講演や現地反対活動で多忙な日々を送っていらっしゃいます。 佐藤さんは、福島の自宅周辺にある雑草で覆い尽くされた山林や田畑、除染された土砂や草木などが家屋の間近で「中間貯蔵」されているいる様子などプロジェクターで示しながら、福島の現状を報告されました。「自宅周辺の空間線量や地元農産物の線量は、2年近く経過した今も依然として高い。」、「除染(と言っても他に汚染を移す移染に過ぎないが)を実施しても、半分程度にしか下がらないので、毎年行う必要がある。ただ、予算の問題を考慮すれば、何度も行うことは無理だろう。」、「福島県は元々避難対策には消極的で、避難者への直接支援を打ち切ってしまった。地元から、さらには県から人口が流出して産業が崩壊し、国からの復興対策費が減少する
ことを県は恐れている。」などの話が佐藤さんからありました。
佐藤さんの講演では以下のような話もありました。「線量が高い地域に留まるべきかどうかなどの問題をめぐり、家庭・地域・職場・学校で意見が衝突して、内部分裂状態をきたしているところもある。」、「様々なストレスを感じて心身に異常を覚えても、ストレスは放射能が直接原因ではないとして県や国には無視される。」、「電気に極力依存せずに、マキで風呂を焚いて、マキストーブで暖をとり、農薬を使わないで農作物を収穫しながら、自然とともに生きてきた。自然が破壊され、全てがダメになってしまい痛恨の極みだ。」
佐藤さんの講演を聞き、自然ともに生きてきた福島や佐藤さんの生き方を全面的に破壊しつくした原発に対する憤りを新たにしました。最後に、3月11日福島市で行われる「3・11反原発福島行動」への大結集を訴え、佐藤さんの講演は終わりました。
「さよなら島根原発ネットワーク」が主催して、「さよなら島根原発・未来のために」と題した集会が行われます。松江市のくにびきメッセ国際会議場を会場にして、3月3日13時30分開場、14時開会となります。講演は長谷川健一さんが行います。長谷川さんは、福島県飯舘村で酪農を営み、地区の区長を務めてきた方です。撮りためた写真を展示した写真展や講演を全国で行っていらっしゃいます。長谷川健一さんは、佐藤幸子さんとともに「3・11反原発福島行動」の呼びかけ人に名を連ねておられます。長谷川は酪農家ですので、福島の風土に寄り添いながら生きてきた方です。自然と人生を完全破壊された福島の現状が、さらに明らかになると思います。集会後の16時から松江市内をデモ行進します。是非とも多くの方に参加していただき、「島根原発の運転を許さない」の声を市民に訴えましょう。
島根原発3号機訴訟の原告とサポーターの募集をしています。ホームページから必要書類や情報を得ることができます。多くの方々の応募をお待ちしています。
Nazen 山陰 福間
pax.fkm@olive.plala.or.jp
[PR]
by nazensanin | 2013-02-14 21:08

島根原発3号機訴訟会員(原告・サポーター)募集始まる!!

「中国電力・島根原子力発電所3号機の運転をやめさせる訴訟の会(島根原発3号機訴訟の会=訴訟の会)」は、会員(原告とサポーター)の募集を開始しました。以前このブログで会員募集の呼びかけ文(案)を紹介しましたが、正規の呼びかけ文を以下に掲げ、原告とサポーターに多数の皆様が応募していただくよう訴えます。


民主党政権から自公連立政権に代わり、島根原発3号機(ABWR130万kw)の運転開始に向けて、様々な動きが加速されようとしています。このまま推移すれば、確実に島根原発3号機は、今年の夏頃から運転されてしまいます。
島根原発3号機、運転開始の最終段階で、原発の心臓部ともいえる「制御棒駆動機構」の故障で「原因究明」に1年近く費やしたいわく付きの原発です。 仮に「原発40年」が実施されれば、島根県が日本で一番最後まで原発が運転されることになります。島根原発は鳥取県も含め、半径30圏内に約44万人が暮らしています。もし、事故が起これば3・11福島第一原発事故を超える惨事になることは火を見るよりも明らかです。
このたび、私たちは、子どもたちの未来のために、いのちと暮らしを守るために、島根原発3号機の運転をやめさせるために、国(行政訴訟)と中国電力(民事訴訟)を相手に裁判をすることにいたしました。原告は、1,000人を目標とし、島根県・鳥取県の住民を中心に中国地方はもとより、全国の脱原発を求める多くの皆様に呼びかけたいと思います。また、原告以外にサポーターとして応援していただける方も同時に募集いたします。
ご存じのように裁判には莫大な「お金とエネルギー」がかかりますが、島根原発の運転やめさせたいという思いを広げて、是非目標の1,000人を達成させたいと考えています。多くの方にこの訴訟への関心を持っていただき、ご参加いただきますようお願いします。 原告になっていただける方は、同封しました書類に署名・捺印の上、3月中旬までにご返送願います。なお、初年度分の会費3,000円と原告負担金(印紙代など)10,000円、計13,000円を振り込み用紙で入金願います。入金が確認された段階で原告となります。サポーターの方は、会員として年会費3,000円の振り込みをお願いします。
弁護団は、島根県・鳥取県在住の方々を中心に、無報酬(実費のみ)で取り組んでいただけることになっています。
今後の活動状況及び裁判の進行内容は、「訴訟の会」のHP(http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/3goro)で御覧いただけるようにします。裏面に「中国電力・島根原子力発電所3号機の運転をやめさせる訴訟の会」(略称:島根原発3号機訴訟の会)の規約を掲載してあります。ご一読の上、ご参加ください。
仮連絡先:島根県松江市西川津町787番地24 阪本清 気付 (携帯 090-3372-5685)


呼びかけ文の最後の方に、「島根原発3号機訴訟の会」のホームページについて書いてありましたが、すでに立ち上がっています。必要な書類(呼びかけ文・会規約・原告委任状)などをダウンロードすることができます。原告負担金と会費のゆうちょ銀行振込先は以下の通りです。
口座記号 01300-1 口座番号 61187 加入者名 島根原発差止訴訟原告団
振り込み用紙の通信欄に、原告(13,000円)かサポーター(3,000円)かがわかるように、「原告」などと明記してください。
連絡欄には、メールアドレスも記入してください。原則として、連絡や報告は郵送ではなくメールで行いますので、是非ともアドレスを明記して下さい。なお、ネット環境がない方には郵送などで対応できると思いますので、その旨を連絡欄に記入してください。
原告になっていただく方は、原告委任状が国(行政訴訟)に対するものと中国電力(民事訴訟)に対するものと計2枚必要です。委任状もダウンロードできますので、署名捺印の上で以下に郵送してください。
島根県松江市西川津町787番地24 阪本清気付 「中国電力・島根原子力発電所3号機の運転をやめさせる訴訟の会」行
呼びかけ文には「3月中旬までに」郵送をお願いする旨記載されていますが、できましたら2月中には入金と郵送を済ませていただきますようお願い致します。
多くの方に原告・サポーターになっていただき、圧倒的な反原発のうねりを法廷に持ち込もう考えています。参加宜しくお願いします。何か不明な点があれば、以下の私のアドレスにメールしていただいても結構です。
Nazen 山陰 福間
pax.fkm@olive.plala.or.jp
[PR]
by nazensanin | 2013-02-07 20:27

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ビラ
活動報告
スケジュール
未分類

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな