すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

2・12さよなら島根原発大集会

 さよなら島根原発大集会の開催が決定しましたので、お知らせします。集会は以下のように行われます。
1.期日         2012年2月12日(日) 2.主催 さよなら島根原発大集 会実行委員会 3.会場         松江市総合体育館    松江市学園南1-21-14.規模 1,000人 5.タイトル さよなら島根原発大集 会 守ろう!大地・海・ 空・食・こどもたち…6.集会・パレード内容 *13:30〜13:50 オープニングイベント *13:55〜 開会あいさつ *14:10〜 講演
京都大学原子炉実験所 助教 今中哲ニ *14:40〜 各地からのあいさつ *15:10〜
閉会あいさつ *15:30〜
パレード出発
*16:30
解散
7.パレードコース(2km) 総合体育館〜中国電力島 根支社〜島根県庁
8.申し入れ行動 島根原発停止を求めて、 パレードの途中に中電へ の申し入れを行う

以上のように「さよなら島根原発大集会」が行われます。この集会に先だって、NAZEN山陰は反原発街頭キャンペーンを行います。また、集会に集まる市民・労働者に対するキャンペーンも行います。2・11広島NAZEN結成集会など多忙な時期ですが、各地から多数結集していただくよう呼びかけます。 12月25日、原発から8〜10kmと定められている原子力防災対策重点実施地域圏外の自治体としては全国で初めて、鳥取県が中国電力と原子力安全協定を結びました。しかし、この原子力安全協定は、核心部分が骨抜きにされた欠陥協定です。
鳥取県が中電と結んだ原子力安全協定には、核燃料輸送や緊急時の連絡・損害保証などが明記されています。しかし、一定の強制力を持つ、原発の立ち入り調査・増設時の事前了解・運転停止の要請は盛り込まれていません。原発稼働に関しては、あくまで中電が主導権を握り、周辺自治体には口出しをさせずに報告をするだけといった中電の独善的姿勢を表す原子力安全協定になっています。 原子力防災対策重点実施地域は、現状の8〜10km圏から30kmへと拡大されようとしています。その結果、原子力安全協定を結ぼうとしている全国の周辺自治体が準備しています。今回の中電と鳥取県との原子力安全協定が、全国の電力会社と周辺自治体とのガイドラインになります。そうした観点で、鳥取県が行った原子力安全協定締結は、原発の危険性をおおい隠す犯罪的行為です。
原子力安全協定は法的な拘束力を持たず、信頼関係に基づく紳士協定です。また、原発の稼働を前提とした「原子力安全運転協定」であるにすぎません。福島第一原発の立地自治体が、一定の強制力がある原子力安全協定を結んでいたにもかかわらず、何の「安全」も保証されなかったのは誰の目にも明らかです。
電力会社に対して原子力安全協定を求めるのではなく、先ずは原発の停止と廃炉を要求しなければなりません。それが「安全」の第一歩です。
「さよなら島根原発ネットワーク」の賛同団体が最近行った中電への申し入れに対して、以下のようなやりとりが中電側とありました。(申し入れ)「福島第一原発規模の事故を前提にして安全対策や避難計画をたてるべきだ。」(中電)「過酷事故が起こることを前提に議論することはおかしい。過酷事故を前提にしたら、原発は運転できない。」
このように、中電は3・11後も、原発に向き合う姿勢を全く変えていません。原発を停止させられるのは、政府・自治体・電力会社ではなく、原子力安全協定でもありません。本当の意味で原発を停止させられるのは、反原発を訴える団結した市民や労働者です。 島根原発の再稼働・新規稼働を目指す中電・政府の策動を打ち破るために、「2・12さよなら島根原発大集会」に結集して、ともに闘いましょう。 (NAZEN山陰 福間)
[PR]
# by nazensanin | 2011-12-26 17:52

12・11反原発アクションin松江

e0249557_16315878.jpg

e0249557_16315887.jpg

 NAZEN山陰は、12・11反原発アクションin松江をJR松江駅前で行いました。午前中に約10名が参加して、署名活動など反原発キャンペーンを展開しました。天候に恵まれず、市民の姿は多くありませんでしたが、それでも1時間で64筆のNAZEN署名が集まりました。
午後には、NAZEN山陰の正式な結成集会をかねて、講演会が行われました。講演は、人形峠ウラン残土撤去運動を京都大学の小出裕章助教たちと行い、NAZEN呼びかけ人でもある土井淑平さんによって行われました。原発利権に群がる「原発翼賛体制」を明解に指摘した講演でした。  NAZEN山陰が賛同する、山陰の反原発勢力の結集軸である「さよなら島根原発ネットワーク」の事務局長芦原康江さんにも出席してもらいました。芦原さんは、中国5県の労組などに呼びかけ、2・12に1000人規模で開催する「さよなら島根原発大集会」への結集を呼びかけました。  「NAZEN山陰は、島根原発の再稼働・新規稼働を許さず、山陰の反原発運動の先頭に立って行動します。」としたNAZEN山陰結成宣言(案)が、満場の承認を受けました。最後に、NAZEN呼びかけ人である、島根人類愛善会の松浦会長が、島根原発廃絶とNAZEN山陰への賛同を力強く訴えて会を締めくくりました。        講演会には、約30人が集まりました。
NAZEN賛同人になった方も数名いました。まだ大きな勢力ではありませんが、NAZEN山陰の第一歩としては大きな成果があったと言えます。           さきほどの発言にもありましたように、2・12に「さよなら島根原発大集会」が松江市で行われます。中国地方5県の労組や団体に呼びかけて、1000人規模の集会とパレードが行われます。詳細は12月末に決定しますので、改めて報告します。当日NAZEN山陰は、午前中に独自の反原発街頭キャンペーンを行います。           NAZEN山陰は、島根原発再稼働・新規稼働阻止を訴えかける「さよなら島根原発大集会」成功に向けて全力を尽くします。各地から大集会に結集していただくよう呼びかけます。ともに頑張りましょう!
NAZEN山陰 福間
[PR]
# by nazensanin | 2011-12-13 16:31

NAZEN山陰・米子反原発行動

e0249557_11465296.jpg

 11月12日、NAZEN山陰は反原発の街宣を行いました。鳥取県西部にあり、島根県に接する米子市の大型商業施設前で街宣を行いました。         米子市は、島根原発の30キロ圏にその一部が位置しています。島根原発付近では、一年を通して西風が吹き付ける日が多いことが明らかになっています。そのため、万一島根原発で重大事故があれば、より広範囲で深刻な被害をこうむるのは、米子市などがある鳥取県側である可能性が高くなります。    米子市民はそうした事実や島根原発の危険性も良く承知していて、NAZEN署名にも積極的に応じてくれた市民が少なくありませんでした。通行する市民が予想していたよりも少なかったのですが、それでも1時間で50筆ほどの署名が集まりました。NAZEN署名を軸にした本格的街宣を米子市で行ったのは初めてでしたが、市民の反応は良く、島根原発に対する危機感はかなり鋭いように感じられました。   NAZEN山陰は、12月11日に松江市で「1
2・11反原発アクションin松江」を行います。午前中に街宣活動を行い、午後に講演会を行います。人形峠のウラン残土鉱害訴訟を中心で支え、NAZENの呼びかけ人である土井淑平さんが講演を行います。この講演会は、NAZEN山陰の結成集会でもあります。
来春の島根原発再稼働阻止の闘いを視線の先において、先ずは12・11を成功させるため全力を注ぎます。(NAZEN 山陰 福間)
[PR]
# by nazensanin | 2011-11-16 16:27

12・11反原発アクションin松江

すべての原発いますぐなくそう!
12・11反原発アクションin松江

◆松江テルサ前 反原発街頭宣伝活動 11時~12時
◆講演会 「人形峠ウラン採掘から福島原発事故まで」
  講師: 土井 淑平さん(人形峠ウラン鉱害裁判・鳥取市在住)
  DVD「母親たちの反核運動」(原水禁運動の始まり)上映
  場所:松江テルサ中会議室  時間:13時~16時

呼びかけ:すべての原発いますぐなくそう!全国会議(NAZEN)・NAZEN山陰
連絡先:鳥取市大榎町7-1 教育会館気付 tel. 090-4576-1161(福間)

パソコンでご覧の方は、以下のアドレスから、pdfファイル(画像ファイル)をダウンロードできます。
http://dl.dropbox.com/u/20014389/20111211nazensanin.pdf
e0249557_23155548.jpg

e0249557_23163012.jpg

[PR]
# by nazensanin | 2011-11-09 23:17 | ビラ

10月26日中国電力島根支社前で座り込み

 10月26日(水)、中電島根支社前(松江市)で座り込みと申し入れ行動があり参加しました。島根原発の停止を訴えて裁判闘争などを行ってきた「島根原発増設反対運動」が呼びかけ、約30人が結集しました。島根原発1・2号機の運転停止・再稼働中止と3号機の稼働中止を求めて座り込み、リレートークと申し入れ行動を行いました。百万人署名運動とNAZENの呼びかけ人である島根人類愛善会の松浦会長などNAZEN山陰のメンバーだけでなく、平和フォーラム系や全労連系の労組も参加していました。

 参加者がリレーアピールして原発の停止を訴えました。松浦会長もマイクを握り力強くアピール。松浦さんは、福島原発の放射能汚染の実態を話しながら、27日から東京霞ヶ関の経産省前で行われる「福島の女性たち」の座り込み行動への連帯を訴えられました。松浦さんは、他の参加者が島根原発の危険性のみを訴えるなかで、福島の痛みを共有することの大切さを呼びかけられました。松浦さんは福島の怒りとつながってがんばっておられます。

 島根原発は、1号機が停止中で2号機だけが稼働していて、1月末に定期検査にはいり停止します。建設中の3号機は95%以上完成しています。3号機は、137万キロワットの国内最大クラスの原子炉で、今年末にも運転開始する予定でした。しかし、原子炉の最も中核的な機器である制御棒に不具合が見つかり、運転開始が延期されていました。政府は、この3号機を来年の春にも営業運転開始をさせようと目論んでいます。そのため、1~3号機の稼働開始を絶対許さないことを訴えて、来年2月ごろに大規模な集会や街頭宣伝を展開する予定です。(NAZEN山陰 福間育朗)
[PR]
# by nazensanin | 2011-10-31 11:02 | 活動報告

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ビラ
活動報告
スケジュール
未分類

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな