すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

島根原子力館

原発が立地しているところには、その「有用性」や「安全性」をプロパガンダする施設があります。島根原発にも、原子炉を眼下に見下ろす小高い丘の上に島根原子力館があります。
その駐車場から、1・2号機が約400mの近距離に見えます。3号機は、駐車場からは山の陰になり直接は見えません。鹿島町片句という海に面した集落まで行くと3号機が約300mの距離に見える所があります。つまり、3号機のすぐそばには、日本海に面した数十軒の集落があります。
島根原子力館は、中国電力が運営管理している施設です。電力がいかに人々の生活を支えているのか、原発がいかに「安全」かといった中国電力の広報が、映像などの視覚に訴えたディスプレイで展開されています。
3号機の原子炉格納容器は鉄筋コンクリートで出来ていますが、鉄筋の直径が普通の建造物より数倍あり、コンクリートの厚さが2mあるということを示すために、現物が展示してあったりします。イラストやアニメを多用した展示になっています。
展示内容は、3・11以前と基本的に変わっていません。福島第1原発の崩壊を受け、防潮堤のをかさ上げや非常用電源の確保などの「安全対策」を訴える展示も一部にはありますが、原発の「安全性」を強調した基本的内容に変化はありません。中国電力の原発に対するスタンスが明確に分かります。
小学生の遠足や高齢者グループの見学などで週日でも利用者があるようです。2階には広々とした休憩スペースもあり、見学者が食事をしたり、くつろいだりしています。中国電力のOBが地域の高齢者グループの昼食付き小旅行を引率して来たりしています。
島根原子力館の北東側には1・2号機が見えますが、北西側には原発に恩恵を受けた施設を見ることができます。野球場・テニスコート・体育館などがあります。かつてはゴルフ練習場もありました。なかでも体育館は豪華で、温水プールが併設されています。当然のことですが、これらの施設は電源三法交付金や寄付金など原発関連の資金で設けられています。
北西側には、鹿島町の中心集落である恵曇(えとも)の港と街並みも見えます。街の西側には、海水浴場として賑わう砂浜が広がっています。漁港を中心とした地域の穏やかな生活が息ずいています。 島根原子力館に行って見る価値は、島根原子力館そのものにあるのではありません。そこから見える原発と地域住民の生活が近接地で共存している実態を間近に観察できるところにその意義があります。ぜひとも島根原子力館に来て、現状を見てください。 NAZEN 山陰 福間
[PR]
by nazensanin | 2012-03-03 13:54

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな