すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

島根原発は活断層の上にある

東京電力柏崎刈羽原発6号機が定期検査のため停止し、東京電力の原発17基すべてが停止しました。稼働中の原発は、北海道電力泊原発3号機だけとなりますが、これも5月5日に定期検査に入り、停止します。現段階でも、実質的には全国の原発は全停止している状態です。
日本列島は地震の活動期に入り、連日各地で地震が頻発しています。東海・東南海・南海の地震を起こす活断層が連動して、巨大地震が発生する可能性を現実のものとして語る専門家が少なくありません。先の3活断層に九州の日向灘を加え、4つの活断層が連動すると主張する専門家もいます。
山陰地方はこのところ地震が多発しているわけではなく、比較的平穏です。しかし、12年前にはマグニチュード7.2の鳥取西部地震が発生し、山陰一帯が激しい揺れに見舞われました。歴史をさかのぼれば、60数年前には鳥取地震が起こり、多数の犠牲者がでました。鳥取西部地震はこれまで知られていない活断層で発生しましたが、未知の活断層も少なからずあるとされています。
島根原発は、日本海に向かって東西に横たわる島根半島の中央部に立地しています。周辺には、小さなものを加えると13の活断層があるとされていますが、その中心になるのが宍道(しんじ)断層と呼ばれる活断層です。
この活断層の存在や規模をめぐって、住民説明会や増設反対訴訟などで、中国電力と争われてきました。中国電力は1997年まで「耐震設計上考慮すべき活断層はない」として、その存在すら認めようとしませんでした。しかし、1998年の3号機増設にともなう調査の結果その存在を認め、島根原発の南約2kmを通る活断層の長さを8kmとします。さらに、2006年に国の耐震指針が改訂され活断層の認定範囲が広がると、宍道断層の長さを22kmとして認めました。しかし、現地の精密な地層調査を行った専門家によれば、宍道断層の長さは30kmだとされています。
島根原発増設反対訴訟でも、宍道断層の長さをめぐって原告側と被告である中国電力との主張が対立しました。中国電力は、22kmを主張して30kmを認めることはありませんでした。
さらに、鳥取県大山町沖の鳥取沖西部断層が、西に延伸する可能性が最近指摘されています。この活断層が西に延びて、宍道断層と一体化あるいは連動する可能性があるとして、警鐘を鳴らす専門家もいます。
断層が長く近距離に存在すればそれに応じて、地震の規模も大きくなります。原発の耐震基準は、地震動の揺れの加速度を指針としていますが、地震の規模が大きくなれば揺れの加速度も大きくなります。したがって、原発に影響を与える活断層の長さがより長いということになれば、より高い耐震基準に原子炉を合わせる必要があります。
原発の耐震基準となる揺れの加速度は、「ガル」という単位で表示されます。ガリレオの名を取って命名された「ガル」は、1秒間に1cm移動する時の加速度を1ガルとします。100ガルは、1秒間に1メートル移動する際の加速度です。
中国電力は、宍道断層の長さが22kmであれば、島根原発に与える加速度は439ガルだとしています。さらに、「島根原発は600ガルであっても余裕を持って耐えられる設計になっている」と中電はしています。しかし、2007年の新潟県中越沖地震では、柏崎刈羽原発で想定を大幅に超すガルが測定されています。国内の地震でも1,000ガルを越える振動は珍しいことではありません。
このように、島根原発から2kmの至近距離に30kmにわたって宍道断層があり、周辺の断層と連動して巨大な直下型の地震が島根原発を襲う可能性があります。島根原発を廃炉に追い込みましょう。 「さよなら島根原発原発ネットワーク」が映画上映会と講演学習会を行いますので、皆さんの参加を熱望します。3月31日(土)に、「チェルノブイリ・ハート」の上映会を行います。松江市白潟本町の山陰合同銀行本店近くにある、松江市市民活動センター(スティックビル)五階交流ホールで行われます。上映開始時間は、11:00、13:30、16:00、18:30で、前売り券で1200円です。26年前のチェルノブイリ原発事故による被害の影響写し出し映画です。
4月15日(日)、上映会と同じ場所で、「低線量被爆に向き合う」と題した講演会が行われます。14:00から17:00まで行われ、入場料1,000円です。チェルノブイリ原発があるウクライナとその北にあるベラルーシの研究者2人が講演を行います。被爆医療の中でも、福島や周辺の地域に影響がでている低線量被爆については、未解明の部分が多い医療分野です。チェルノブイリ原発事故にともなう医療実績がありますので、この分野では世界最先端の研究者です。松江での講演の前に、北海道大学と京都大学でも講演を行います。松江でこうした講演会が行われることはほとんどなく、貴重な機会ですので、ぜひともお出かけください。お問い合わせは、090-4576-1161(福間)までお願いします。 NAZEN 山陰 福間
[PR]
by nazensanin | 2012-03-28 18:37

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな