すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

島根原発3号機訴訟原告団に大結集を Part2!!

「さよなら島根原発ネットワーク」を母体にして、島根原発3号機差し止め訴訟を提起することについては既にお知らせしました。新たに「中国電力・島根原子力発電所3号機の運転をやめさせる訴訟の会(略称=島根原発3号機訴訟の会)」立ち上げに向けて、準備事務局が始動しています。事務局会議を昨年から今年にかけて2回開き、会員(原告・サポーター)募集の趣意文や会の規約策定を行ってきました。会員募集の趣意文は、鳥取のメンバーとの調整作業があり最終的に完成されたものではありませんが、大枠が変わることはありません。以下に、会員募集の趣意文を掲げます。

島根原発3号機の運転をやめさせるための訴訟 会員(原告・サポーター)募集
民主党政権から自公連立政権に代わり、島根原発3号機(ABWR130万kw)の運転開始に向けて、様々な動きが加速されようとしています。
島根原発3号機は、運転開始前の最終段階で、原発の心臓部ともいえる「制御棒駆動機構」の故障で、1年近く「原因究明」に費やしたいわくつきの原発です。
仮に「原発運転40年」が実施されれば、島根県が日本で一番最後まで原発が運転されることになります。島根原発は鳥取県も含めて半径30キロ圏内に約44万人が暮らしています。もし、事故が起きれば3・11福島第一原発事故を超える惨事になることは火を見るよりも明らかです。
このたび私たちは、子供たちの未来のために、命と暮らしを守るために、島根原発3号機の運転をやめさせるために、国(行政訴訟)と中国電力(民事訴訟)を相手に裁判をすることにいたしました。原告は、1,000人を目標とし、島根県・鳥取県の住民を中心に中国地方はもとより全国の脱原発を求める多くの皆様に呼び掛けたいと思います。また、原告以外にサポーターとして応援していただける方も同時に募集いたします。
ご存じのように裁判には莫大な「お金とエネルギー」がかかりますが、島根原発の運転をやめさせたいという思いを広げて是非目標の1,000人を達成させたいと考えています。多くの方にこの訴訟への関心を持っていただき、ご参加いただきますようお願いします。 原告になっていただける方は、同封しました書類に署名・捺印の上、3月中旬までにご返送願います。なお、初年度分の会費3,000円と原告負担金(印紙代など)10,000円計13,000円を振り込み用紙で入金願います。入金が確認された段階で原告となります。サポーターの方は、会員として年会費(3,000円)の振り込みをお願いします。
弁護団は、島根県・鳥取県在住の方々を中心に、無報酬(実費のみ)で取り組んでいただけることになっています。
活動状況および裁判の進行内容につきましては、「訴訟の会」のホームページでご覧いただけるようにいたします。

原告・サポーター募集の趣意文は、ほぼ以上のようになります。2月初めには、申し込み書類や振り込み用紙の用意が整うはずですので、その頃に改めてお願いします。原告団が組織され、3月末から4月中旬ごろに提訴する予定になっています。
趣意文にもありますように、約10名の弁護団は着手金や報酬を辞退されました。弁護団には、「権力を相手にする裁判は法廷内だけでは勝利できない。市民の広範な支援を勝ち取って、裁判を強力に後押しできる法廷外の運動と一体になって初めて、勝利への道が見えてくる。」などと熱く語る弁護士の方もいます。
こうした弁護団と共に、法廷の内外で反原発のうねりを創っていきましょう。
島根原発を廃炉に!! 全国の原発再稼働阻止!!
NAZEN 山陰 福間育朗
[PR]
by nazensanin | 2013-01-10 21:20

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな