すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

山本太郎さんに続いて、反原発の闘いに勝利しよう!!

参院選は21日投開票され、事前のマスメディア報道通りに、自民党の圧勝に終わりました。自民党は65人の当選者をだし、改選議員116名のうち56%を占めています。しかし、比例代表の得票率は34%ほどです。投票率が52%ほどでしたから、圧勝した比例代表であっても、国民全体の約17%の得票を得た結果が自民党の大勝をもたらしたことになります。
ただ、こうした当選議員数と獲得投票率のギャップは今回の参院選に特有なことではなく、最近の選挙で特に顕著な傾向です。低い投票率や野党の分散化・弱体化などの要因で、未だ強固な組織で支えられている自民党の大勝につながったことは否定できないでしょう。さらに、「一票の格差」の問題もあります。投票翌日には、「一票の格差」が全国で提訴されました。14万票で当選者を出した選挙区がある一方、55万票で落選した候補者のいる選挙区もあります。多数の死に票を出しながら、野党の分散化や弱体化が強く反映されたのが、参院選の結果だと考えます。
昨年末の衆議院選挙では、「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指す」とのエネルギー公約を掲げた自民党が、民主党から政権を奪取したのは記憶に新しいところです。ところが今回の参院選では、自民党が多少とも謙虚な姿勢を見せることは一切ありませんでした。原発を将来にわたって基幹電源と位置づけて、安全が確認された原発を早期に再稼働させることを事実上の政権公約としていました。ただ選挙運動中には、安倍首相が第一声をあげた福島を初めとして、アベノミクスを自画自賛するだけで、エネルギー政策について語ることはなく、原発が争点化することを徹底的に避けていました。
こうした中、東京選挙区で原発反対を訴えた山本太郎さんが堂々とした勝利を収めました。山本さんの当選は、巨大な既得権を握る既成政党を打ち破った革命的勝利です。山本さんが立候補表明した際は、マスメディアは彼を「泡沫候補」として扱いました。定数5の東京選挙区には20人が立候補し、自民党(2名)・民主党・公明党・共産党の4政党が候補者を立てる激戦区でした。
マスメディアの低い前評判をはね除けて、山本さんは反原発を訴えていき、徐々に彼の訴えが都民に浸透していきます。こうした運動を1000名を越えるボランティアが支えて、1万数千枚のポスター貼りやビラまきなどをやり抜きました。ツイッター・フェースブック・ツイキャス・ユーチューブなどのネットメディアを通じて、山本さんの街頭演説が広がっていきました。これを見た人を介して、山本さんの訴えがさらに拡散していきました。渋谷駅前で行われた「選挙フェス」では、大群衆が山本太郎さんを取り囲んで駅前を埋め尽くす事態となりました。
山本太郎さんの訴えはネットで拡散していきましたが、彼を落としこめるネガティブキャンペーンもネット上で数えきれないほどアップされていました。「過激派が支援している」「ネットで不特定多数に訴えを広めたり、カンパを募ったりしたのは選挙違反だ」「デマで放射能の怖さをあおっている」などなど、これでもかというほど無数のネガティブキャンペーンが、今もネット上に溢れています。こうした虚偽情報に迷わされることなく、山本太郎さんは約67万票もの支持を集め、自民党や民主党の候補者にも勝った意義は限りなく大きなものです。
山本太郎さんの存在を抹殺しようとする策動は、今後ますます激しくなるはずです。当確直後に行われたテレビの生中継では、マスメディアの批判めいた発言をしたとたんに中継をカットされてしまいました。その後も同様な事態が続いています。山本さんは無所属で既成政党には属していませんので、国会での存在感は限定的です。しかし、国会議員としての影響力や発信力は小さくありません。だからこそ、新自由主義の宣伝機関であるマスメディアが、たった一人の無所属議員の発言を無視したりするのです。山本さんの反原発の訴えと彼の存在を何としても守り抜き、反原発の闘いを前進させましょう。
原発再稼働絶対反対!!
NAZEN 山陰 福間
pax.fkm@olive.plala.or.jp
[PR]
by nazensanin | 2013-07-25 19:49

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな