すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

原発廃炉は核に対する新たな闘いの始まりだ!

国内で原発廃炉作業が完了したのは、大学や研究所などの極小の原子炉を除外し、日本原子力研究所(当時)のJPDR(動力試験炉、1.25万kw、茨城県東海村)のみです。76年に運転を停止し、96年に解体・撤去を終了しています。そのほか廃炉作業が継続しているのは、日本原電の東海発電所
(16.6万kw、東海村)、日本原子力研究開発機構の転換原型炉「ふげん」(16.5万kw、福井県敦賀市)、中部電力浜松原発1号機と2号機
(静岡県御前崎市)の4基の原子炉です。そして、福島第1原発も廃炉が決定し、作業が続いています。
浜松原発の1・2号機と福島第1原発は、おおむね50万kw以上の出力があり、JPDRなどとは桁違いに大きな商業原発です。先週廃炉が公表された美浜・敦賀・島根・玄海の各原発も40万kw以上の出力がある原発です。これほど出力の大きな商業原発の廃炉は初めてのことであり、福島第1原発の作業はもちろんのこと、通常の廃炉である浜松原発の廃炉でも作業は難航しています。最大の問題は、何と言っても放射性廃棄物の処理です。出力が大きくなれば、高レベル放射性廃棄物などの量は格段に多くなります。その最終処分場は、現時点で全く存在しません。
今後10年間では、さらに14基の原子炉が、廃炉の指標である40年を経過します。原発が続々と廃炉になる、大廃炉時代を迎えることになります。しかし、原発という核燃料湯沸かし発電機が廃炉になっても、湯沸かし発電機が解体されるだけです。最終処分場のない使用済み核燃料は、そのまま残ります。廃炉が決定した島根原発1号機の722本の使用済み核燃料は、2号機の核燃料プールに移すとのことですので、核燃料プールはほぼ一杯になります。青森六ヶ所村の再処理工場の貯蔵プールにも、どこにも持って行きようのない核燃料は現地にそのまま残ります。
今後、原発再稼働阻止とともに、核そのものに対する闘いが新たな段階を迎えます。原発政策と核政策が一体のものであることは、言うまでもなく世界の常識です。日本も例外でなく、核武装は現憲法下でも認められるというのが政府の公式見解です。日本は、国内外で再処理したプルトニュームを、44トン以上ため込んでいます。核保有国以外では最多であり、核兵器5千発分を越えます。ウランも濃縮する必要がありますが、当然のことながら核兵器となる可能性があります。
ロシアのプーチン大頭領は、ロシアのクリミア侵略から1年を迎え、テレビのインタビューで「(核戦力を戦闘準備態勢に移行する)用意があった」と明言しました。帝国主義的野望を持つ核兵器保有国の指導者が、国営放送で核攻撃を公言する姿に戦慄を覚えるとともに、発言を断じて許すことはできません。マスコミでは「核兵器は破滅的被害をもたらす使えない兵器であり、プーチン大頭領の発言は単なるブラフだ」との言説がありますが、事の本質はそうしたことにあるのではありません。
大陸間弾道弾(ICBM)など壊滅的被害をもたらす戦略核は、確かに「使いにくい」兵器でしょう。そうしたことや複合的な要因があって、現在の核兵器は原子力潜水艦搭載型の戦術核(SLBM)が主流になっています。核搭載潜水艦が世界の海に潜航し、いつでも核ミサイルを発射できるように態勢を取っています。核兵器は破滅的被害をもたらすため、一次攻撃を防いだり、先制攻撃のためには一刻の猶予もありません。プーチン大頭領の言を待つまでもなく、核運用にあたっては、戦闘準備態勢に移行する用意は絶えずしているのが常識です。ロシアもアメリカも、核保有国は全て同様です。
核兵器の運用は一刻の猶予も許さず、そのため最高権力者に運用の権限が集中している点に怖さがあります。議会のチェックが機能していても、国民の意向を反映するシステムがあったとしても、一刻を争う判断が最高権力者に一任されていることに変わりありません。プーチン大頭領が言ってあることが、ブラフであるか否かは問題ではありません。大頭領の意向がどうであろうと、軍は絶えず核攻撃に備える態勢はできています。前線にいて情報が集中し、戦うことに存在価値のある軍の助言に従って、後は大頭領が核攻撃の命令を下すだけです。
核は、壊滅的被害をもたらし、何世代にもわたって被害が継続する、断じて許してはならない正に非人道的な大量破壊兵器です。原発が廃炉になっても、核燃料は残ります。プルトニュームが減ることはありません。これらが存在する限り、日本のそして世界の核武装と核攻撃は現実にあり得ることです。原発に反対するということは、核に反対するということと同義です。大量廃炉時代になり、原発再稼働反対の闘いとともに、核に対する闘いが新たな局面を迎えます。原発再稼働、そして核武装と核攻撃を何としても阻止しましょう。
NAZEN 山陰 福間
[PR]
by nazensanin | 2015-03-26 22:16

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな