すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

老朽高浜原発再稼働絶対許さない!

老朽化した高浜原発1,2号機について、新規制基準に適合するとの審査書案を原子力規制委員会が了承しました。高浜原発1号機は運転開始から41年数ヵ月、2号機は40年数ヵ月経過しています。規制委員会が、40年超の老朽化した原発の適合審査に「審査合格」を出すのは初めてです。今後規制委員会がパブリックコメントを募集して、正式な判断である審査書を決定します。しかし、7月7日までに改修工事計画や老朽化対策が審査に通らないと廃炉が決定します。最新式の原発であっても老朽化した原発であっても、原発の稼働には断じて反対です。まして、危険性が段違いに高い老朽化した原発の再稼働など絶対に許すことはできません。
運転開始から40年経過した老朽化原発は、福島原発事故後に改正された原子炉等規制法によって原則として運転が禁じられます。いわゆる「40年ルール」と呼ばれる決まりです。米国の例を参考にして、2013年に施行された改正原子炉等規制法に盛り込まれました。規制法一方で、審査に通れば1回だけ最長20年の運転延長が認められる内容になっています。発足当時の規制委員会は20年の運転延長は例外と位置づけ、「20年延長は相当困難」としていました。しかし、改正原子炉等規制法案の審議当時から、「20年の運転延長を認め、老朽化原発の延命に御墨付きを与える悪法だ」と指摘されていました。20年延長が例外でなく、通例化する現実が明確になっています。
導入当時の民主党政権は国会審議で、40年ルールの科学的根拠について「圧力容器が中性子の照射を受けて劣化する時期の目安」と答弁しています。確かに、核燃料を直接被う鋼鉄製の原子炉圧力容器は、絶えず中性子照射にさらされて劣化していきます。金属やガラスなどが持つこうしたもろさを脆性と呼びます。中性子照射を受ける鋼鉄は、ある一定の温度以下になると粘りがなくなり衝撃に弱くなります。基準となる一定の温度は脆性遷移温度と呼ばれます。緊急炉心冷却装置などが作動した場合、冷却水が劣化した原子炉圧力容器に注入されると脆性遷移温度以下になります。そうなると、もろくなった原子炉圧力容器はひびが入ったり、最悪の場合完全に破壊されてしまいます。
原子炉圧力容器の脆性遷移を調べるために、圧力容器と同じ材質の鉄鋼片が圧力容器内部に設置されていて、定期的に取り出してチェックされてはいます。しかし、同じ材質の鉄鋼片といっても、実際の圧力容器と全く同じというわけではありません。巨大な圧力容器ですから、全体が均一なでき具合ではありません。40年以上前の製造技術のレベルでは、銅などの不純物質のない均一材質を実現することはなおさら困難なことが専門家によって指摘しています。九州電力玄海原発1号機は運転開始から40年経過していますが、脆性遷移温度の急激な上昇が問題になりました。取り出した試験片が93年に56度でしたが、2009年には98度まで上昇しています。九州電力は「安全性」を強調していますが、何度も嘘をついてきた九電の言い分など信用できるはずがありません。
島根原発が立地する島根県東部を選挙区とする細田博之自民党幹事長代行は、原発再稼働を推進する「電力安定供給推進議連」の会長です。福島の事故のことなど全く意に介さない、さまざまな嘘や暴言を吐いてきた人物です。「福島の原発事故があったんだけれども、原発を推進しようと世界中の人が言っているんです。」とか「福島の不幸はあったけれども、それで全部止めてしまうことは耐え難い苦難を将来の国民に与えると思う。」などと枚挙に暇がありません。また、「原発は定期的に点検され必要な部品は取り替えられているので、安全は保証されている」などという大嘘も公言しています。ケーブルなど取り替え可能な部品はありますが、原発の核心的な部分である原子炉圧力容器を交換することはできません。
安倍政権にとっても20年運転延長は命綱です。安倍政権は、2030年に総発電量に占める原発の比率を20〜22%とする方針を決定しています。既存の原発を全て40年で廃炉にすれば、15%程度にとどまります。新増設が簡単に進まず、原発比率を死守するためには、40年経過した老朽化した原発の運転延長しか残された方法しかないのが現状です。老朽化原発の運転延長は、関西電力にとっても命運がかかっています。関電は、高浜原発1〜4号機の再稼働に既に約3800億円もの費用を費やしています。関電は「20年延長するために費用がさらにかさんだとしても、電力自由化を前にして運転延長を進めることが得策だ」との損得勘定をしています。
関電は26日、放射性物質を含む一次冷却水漏れが発覚したにもかかわらず、高浜原発4号機の再稼働を強行しました。断じて許すことはできません。高浜原発4号機は、先に再稼働させた3号機と同様にMOX燃料を使用したプルサーマルが行われます。さらなる再稼働を絶対に許すことはできません。
NAZEN 山陰 福間
[PR]
by nazensanin | 2016-02-28 18:30

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな