すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

原発は危険であり、確実に高くつく!

12月経産省は、福島第1原発の事故処理や廃炉に関わる費用が21.5兆円にも上るとする試算を公表しました。2013年の想定が11兆円でしたので、今回10.5兆円上乗せされています。廃炉が6兆円増えて8兆円、除染が1.5兆円増えて4兆円、中間貯蔵施設が0.5兆円増えて1.6兆円、賠償が2.5兆円増えて7.9兆円、合計21.5兆円となるとの試算です。そして、廃炉費用は東電が、除染費用は政府が保有する東電株の売却益で、中間貯蔵施設の費用は電源開発促進税で、賠償費用の一部は送電の託送料金として電気料金に上乗せして工面するとのことです。電気料金や電源開発促進税はもちろんのこと、東電の負担や東電株賠償益にしても、結局は国民の負担することになります。
福島原発事故関連費用が経産省の試算で倍増したのを反映させて、立命館大学の大島堅一教授が原発の発電経費を試算しました。大島教授は従来から「原発は高い」とする試算を公表していますが、原発は火力発電などと比較して「高くつく」と改めて解説しています。原発に関し政府は「最大でも10.4円で、さまざまな発電方法のなかで最も安い」していますが、大島教授は「架空の前提に基づいていて実態を反映していない」と政府の説明を切り捨てています。そして「資本主義のルールに従って東電を破綻処理したうえ、株主にも責任を取らせて財産を処分、それでも足りない場合は国が責任を持って税金などを充てるべきだ」と教授は提言しています。全く同感です。
15年に経産省は原発の発電費用を1kw時当たり10.1円と試算していて、火力や水力などよりも安いと説明しています。福島原発事故処理費用が21.5兆円に増加しても最大でも10.4円となり、発電方法のなかで最も安いと強弁しています。対して大島教授は、原発の建設費用や投じられた税金、福島原発事故の賠償などに充てられた費用など、原発のために必要とされた経費を積み上げ、これを原発が過去に産み出した発電量で割って算出しています。その結果、原発の発電費用は
12.3円でした。さらに、経産省が試算した福島原発事故処理費用21.5兆円を反映すると、13.1円に跳ね上がります。福島第1原発の発電量(09年)だけで1時間当たり3億3千万kwになりますので、1kw当たり3円ほどの違いでも全体では莫大な違いになります。
大島教授の解説では、政府の試算は「モデルプラント方式」に基づいているとのことです。モデルプラント方式とは、ある架空の発電所を想定し、今から何十年か運転した時どの程度のコストで発電できるかを机上で計算する方式です。発電コストを計算するためにある一定の条件を設定して計算しますが、条件が現実に則していなければ現実離れした数値になります。発電能力、運転年数などの具体的条件は隠蔽されていて明らかではありませんが、過去の電事連などの試算条件から推定すると、運転年数40年、設備利用率80%などの条件を設定していると思われます。こうしたあり得ない条件で試算すれば、費用は安くなります。さらに犯罪的なのは、事故はほぼ起きない前提で試算されていますので、福島原発事故費用は政府の試算にはほとんど反映されることはありません。
また、福島原発事故後日本だけでなく国際的に安全基準が拡充され建設費用が高騰してしますが、政府試算には建設費用の高騰など全く反映されていません。昨年英国で新設が認可されたヒンクリーポイントC原発の建設費用は、約2兆4400億円にも上るとのことです。建設費用をこのヒンクリーポイント原発の費用に置き換えると、発電費用は
17.4円にまで跳ね上がります。大島教授の分析によると、石炭火力(12.3円)や液化天然ガス火力(13.7円)よりもはるかに高くなり、経済性で決定的に劣ります。そして、政府が開発しようとする次世代の高速炉に投じられる税金は、その規模すら判明していません。さらに、福島原発事故の賠償は無理やり打ち切って費用を縮小し、廃炉の技術は開発中で費用が拡大することは確実です。
原発に関わる費用は、都合のいい架空の条件を前提にして試算されるものではなく、実際に必要とされた費用と今後加算される可能性があるものをプラスアルファして計算されなければなりません。そうすれば、原発は他の発電方式よりも経済性に劣り、何よりも危険で破壊的なものです。絶対にその存在を認めることはできません。
NAZEN 山陰 福間
[PR]
by nazensanin | 2017-01-08 14:36

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな