すべての原発今すぐなくそう!(nazen)山陰

実効性のある避難計画はない!

ゴールデンウィークで好天に恵まれたこともあり、行楽地は多くの人でにぎわっています。松江市でも、県内外の車で中心部などは渋滞しています。こうした時ふと思い浮かぶのは、万一島根原発で深刻な事故が発生した場合、避難計画が役に立つのかということです。島根原発の5km圏内には1万人、30km圏内には46万人、合計約47万人の人口があります。島根県庁、松江市役所、島根大学、松江地裁、JR松江駅などの主要施設が10km圏内にほぼ収まります。島根原発は、シビアアクシデントが発生すれば直ぐにも強制避難しなければならない近距離に、県や松江市の中核的施設を抱えています。30km圏内の人口は、国内原発では3番目に多くなっています。島根原発にはこうした特殊性があります。
政府は原子力災害対策特別措置法を根拠として、該当する地方自治体に原子力災害対策指針に基づいた地域防災計画を策定することを求めています。この計画に則って広域避難計画を策定することが義務付けられています。内閣府は「地域防災計画を作成する自治体に対する支援を行っています」としていますが、計画策定を自治体に丸投げしていることに変わりありません。島根県と松江市や出雲市なども広域避難計画を策定しています。島根県の広域避難計画は12年に策定され、その後16年に改定されています。
島根原発で事故が起きた際、住民避難に多数の車両を調達しなければなりません。その車両を確保するため、島根県は中国5県のバス協会とタクシー協会との協議に入りました。2017年度中の協定締結に向け、その基本的な枠組みが決定されました。必要な台数の把握に向け、放射性物質が放出される前に避難する5km圏内と、屋内退避して段階的に避難する5〜30km圏内とで県が実態調査を行いました。それによると、バスが約3万7千人分、車いすやストレッチー対応の福祉車両が約1万1千人分必要と算定されています。これを40人乗りバスに換算すると約900台必要となりますが、島根と鳥取の協会に加盟している貸し切りバスは計600台ほどで、300台ほどたりません。そこで不足するバスなどを他県から調達しようというわけです。
住民避難のためにバスを確保して、広域避難計画に実効性があるかのように外形を取り繕ろうとしていますが、全くの絵空事に過ぎません。山陰両県で登録されているバスが600台であっても、突発的に発生する原発事故の際に調達できるバスは限定的です。広域避難計画では、5〜30km圏内のUPZは、毎時500マイクロシーベルトを超えると即時避難し、20マイクロシーベルトを超えると1週間以内に避難することになっています。こうした段階的避難が計画通り実施されたとしても、放射線量上昇が予定されているわけではなく、風向きも日々変化します。つまり5km圏内のPAZはもちろんのこと、UPZも避難はある日突然行われることに違いはありません。ということは、調達できるバスは限定的です。
仮にバスを調達できたとしても、バスを運転する労働者を確保することはさらに困難です。山口などから調達するバスは、渋滞する道路事情や地理不案内などもあって、労働時間や安全を確保するためには1台に複数の運転手が必要となります。また、高線量の地域に誰がどういう権限で労働者を派遣するかという問題もあります。バス協会と協定を結ぶわけですが、あくまで協定であって法的根拠はありません。労働者が健康被害を被っても、法的裏付けのある補償を受けられるわけでもありません。結局のところ、現場ではバス会社の責任者が何の権限もなく、運転手に高線量地域への派遣を要請することになります。そうなれば弱い立場にある労働者は、要請を受け入れざるを得ないことになります。
島根原発の事故時に緊急輸送する協定は、中国5県のバス協会との間で島根、鳥取両県が締結しました。両県は各協会に対して、線量計や防護服など輸送に必要な装備を貸与し、放射線に関する研修も実施するとしています。また、全ての経費は両県が負担することも合意しています。こうした協定によって、広域避難計画の実効性度合いが高まったように思えますが、事実は全く異なります。バスなどで輸送する住民を30km圏内人口の約10%と見積もられていますが、それで収まる保証はありません。そして協定書では、運転手の安全を確保するため、一般人の年間被ばく線量限度と同じ1ミリシーベルトを下回る場合に限って運行を要請としています。ということは、事故時の高線量ではバスの緊急輸送など単なる幻想に過ぎないということです。
実効性のある避難計画などあり得ないことです。先ずは原発を稼働させないことが、避難計画に実効性を持たせることになります。広域避難計画は、原発再稼働を前提とした外形的な体裁を整えるためで、実効性など問題外の計画であり、絶対反対です。
NAZEN 山陰 福間
[PR]
by nazensanin | 2017-05-07 20:29

山陰で原発再稼働阻止・全原発の即時廃止をめざす! 米子市道笑町3-24-202 tel・fax 0859-22-9908 福間育朗 090-4576-1161 gr5536qu6e359dre23nd@docomo.ne.jp
by nazensanin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

検索

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな